札幌市『Lumirs』の情報ブログです

札幌市でホームページ制作を行っているLumirsのブログです。日々思うことや私生活・日本ハムファイターズ・ITの仕事について書いています。コメントや当ホームページへ閲覧など、よろしくお願い致します。

時代が求めているのは、カリスマだ

calendar

こんにちは
実は自分は大の新日本プロレスファンなのですが

現IWGPチャンピオンのオカダ選手は1年間ベルトを守り続けています
でも、オカダ選手のグッズってそこまで売れてないんですよね

なぜなら、カリスマ性がないからだと思います
蝶野選手のNWOやTEAM2000はARISTRISTが関連しているのもあって
ものすごい64億?(間違ってたらすいません)
それぐらいの売上を出しているんですよ。

オカダ選手のグッズってあまり聞かないな

なのですが
内藤哲也選手は違いますね。
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(スペイン語: Los Ingobernables de Japón)
ものすごいです、G1北海道きたえーるで
LIJのグッズは全て売れたらしいです。

蝶野選手が内藤選手と認めて、そしてカリスマ性が彼にはあると言いました。

プロレスってやっぱ魅せるのが大切な上に強さだけではなく
カリスマが必要なんだなって思いました。

自分は勿論
ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(スペイン語: Los Ingobernables de Japón)
大好きです。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)